日本の有名な鑑定機関

日本国内には数多くの宝石鑑定・鑑別機関が存在しています。ここでは、日本三大鑑定機関とも言われる有名な鑑定機関に付いて、その特徴をご紹介します。

中央宝石研究所

中央宝石研究所

中宝研あるいはCGLと略される事もありますが、中央宝石研究所が正式名称です。中宝研は昭和45年に設立、特にダイヤモンドのグレーディングを得意としています。基本的にダイヤモンドを扱っている業者間では、この鑑定機関の出すグレードを基準にダイヤモンドを見ています。この中宝研は日本国内でのダイヤモンドグレーディングのシェアが一番多いとされていますので、おのずと基準になってしまうのです。現在では、東京を始め、名古屋、大阪、博多、甲府に支店を置いています。

全国宝石学協会

全国宝石学協会

全宝協あるいはGAAJと略される事もありますが、全国宝石学協会が正式名称です。昭和40年に創業、特にカラーストーンの鑑別業務を得意としています。カラーストーンを鑑別する際には様々な大型検査機械が必要であり、この全宝協の鑑別レベルや設備機器の規模は間違いなく国内トップクラスです。天然・合成の区別はもちろん、その石に施された処理や色石変種の判定まで、プロの宝石商はこの鑑定機関の出す結果を基準にしていると言っても過言ではないでしょう。現在では東京を始め、大阪、福岡に支店を置いています。また、関連会社としてイスラエル全宝協があります。

AGTジェムラボラトリー

AGTジェムラボトリー

AGTジェムラボラトリーは昭和46年に日本宝石鑑別協会として創立し、昭和53年に日本宝石鑑別協会の子会社として分離しました。昭和59年にはアメリカのGIAと提携を結び、GIA JAPANとして教育も行っています。AGTは、カラーダイヤの色の判定に定評があり、微妙な色合いの場合はこの鑑定機関の出した結果を重要視する業者も少なくありません。また、ダイヤモンドのグレーディングは厳格で、この鑑定機関の出す結果を重視する業者もあります。現在では東京、大阪に研究所があります。